◾️2020/11/08「府中郷土の森博物館」

・先日納車されたDAHONの自転車に慣れるために一走りしようと
リュックにカメラを入れ府中の「郷土の森博物館」まで行ってみる事にした。
ゆっくりとペダルを踏み、聖蹟桜ヶ丘へ出て「関戸橋」を渡り、緑道へ入る。
途中、小学校の横を通りノックを受ける少年野球の練習の様子を眺め、
カバのオブジェを見ながら進み、山茶花が咲く場所でシャッターを切る。
{ ◉写真がスライド表示されます◉ }

・博物館前の駐輪場に入り、駐車場管理の人の前を通ると
「こちらにどうぞ」と誘導された。新車なので丁度良いと
管理する人が座る椅子に近い位置に駐輪し、ワイヤーロックをかける。
入園料¥300を払いチケットをゲートにタッチして入園。
「旧小学校」のガラス窓と黄葉の樹。見上げると青空と秋の雲。
「芝生広場」で色付き始めた樹々を撮り「旧郵便取扱所」の横を抜ける。

・「旧町役場」裏の梅林で咲き始めた小菊が点在する。
モンキチョウがひらひら・・・花に止まるのを待ってパチリ。

・「ハケ下の流れ」を渡り、花の終わった「ハギのトンネル」を抜け
「旧農家の住宅」〜「水車小屋」〜「もみじの滝」〜「疎林広場」と歩く。
恐竜「ティラノサウルス」の像、広場でシャボン玉を飛ばす子供達・・・・
{ ◉写真がスライド表示されます◉ }

疎林広場

・目にとまったモノにシャッターを切りながら、ぶらり・・・。
紅葉した柿の葉、刺の鋭い柑橘系の樹、枯れ残った紫陽花の花、
ハナミズキの実、常緑で小さな赤い実を沢山付けた「クロガネモチ」
小さな赤のキリシマツツジは「不時現象」で咲いてるのだろうか?

・「県木園」では、杉の実や、カエデ、黄色くなった檜の葉
スギの木の葉に「セミの抜け殻」を見つけてパチリ。

・「ふるさと体験館」の「長屋門」前では「ベーゴマ体験」が
行われていて、小さな布台に向かって、次々と投げられたベーゴマが
勢いよく回り1列に並ぶ度に、大人も子供も歓声を上げて遊んでいた。
「ハケ上の道」の側の「10月桜」が咲いているのを見かけパチリ。
{ ◉写真がスライド表示されます◉ }

・薬屋を営んでいた「旧島田家住宅」まで戻ってきた。
ここは、季節の行事に合わせて展示物が変わる。
梅の花の時期に来た時には、立派な「雛飾り」が展示されていが
今は、当時の「島田薬舗」の品々が展示されている。

・「旧田中家住宅」の「茶室(梅槻庵)」前の庭の紅葉・・・
竹林と松などの樹々の間を、忙しなく飛び交う鳥がいる・・・メジロだ!。
辛抱強く狙ってシャッターを切るが、何とか撮れたのは2枚だけ。
{ ◉写真がスライド表示されます◉ }

・「旧府中尋常高等小学校」前の花壇にキバナコスモスが咲いている。
靴を脱ぎ校舎に入ると、正面にはオルガン、廊下には古い音響機器の展示。
教室に入ると、小さな机・椅子が並んでいて・・・何だか懐かしい・・・

・ゲートを出て駐輪場に行くと、駐輪場管理の方から
「ありがとうございました」と声をかけられ恐縮してしまった。
帰路、緑道で陽光の射すパイプオブジェの処で自転車をパチリ。

DAHON DashAltena


Btn-up.png  戻る      Btn-return.pnga:16 t:1 y:0