昭和記念公園

■2017-03-01 

・今日から3月。昭和記念公園では、河津桜は満開のピークとなり、
寒緋桜は見頃で、クリスマスローズも咲き揃っていると聞き行ってみた。
電車を待つ間、ショウウインドウのディスプレイのまさに「春」にパチリ。

春の予感

・南武線で立川駅に近づいた時、並行して走る中央本線に
先頭車両が流線型の「特急スーパーあずさ」が見えた。
窓越しに急いでポケットからカメラを出し、シャッターを切ったが
通過して行く車両しか撮れないまま、南武線はホームに入り見えなくなった。

南武線の車窓から「スーパーあずさ」

・立川駅北口に出て、コンコースから続く遊歩道を行くと
多摩モノレールがすれ違うのが見えた。
カーブを通過するところを撮って、昭和記念公園に向かう。

多摩モノレール

・「立川口」から入り、カナールを行くと
枝だけになったイチョウ並木の根元に雀が群れている。
カメラを構えて近づくと、一斉に少し離れた場所に移動してしまう。


・ふれあい広場の斜面を上がり残堀川沿いの、さくら橋近くに
釣り鐘状の花が特徴の「寒緋桜」が見える。
大きな木の下まで行き、濃い色の花にシャッターを切る。


・さらに残堀川沿いの、むらさき橋近くには桃色に花を
一杯に咲かせた「河津桜」を撮っている人が見える。
歩み寄り、三脚を立てて撮ってるカメラ越しに花のプレートを撮ってみた。


・残堀川沿いを歩いて、対岸の「花木園」の梅園に向かう。
梅の花は、中咲き〜遅咲きの梅になっているが見ごろが続いている。


・梅園の中で、キャンパスを据えて描いている人をパチリ。

梅園で絵を描く人

・「クリスマスローズ」を見に、花木園を抜けて
水鳥の池近くの園路に向かう途中、
あちこちに黄金色の花の福寿草と水仙や
春を告げるマンサク、黄色のサンシュユの木。
足元には、スノードロップも大きくなっていた。


・水鳥の池近くの園路には、一面にクリスマスローズが咲いている。
カメラを地面に置いて、うつむいて咲く花にシャッターを切ってみた。


・花木園売店前の湿地の池に、カモが2羽、
そのうちの1羽が何度も水に潜っては顔を出す処を狙っていると、
羽をバタつかせたので3回シャターを押した内の1枚。
さらにその先に、真っ白なサギがいた。1枚撮ってゆっくり近づくも
池に向かって飛び立った・・・・カメラで追ってシャッターを切った。


・「みんなの原っぱ」を横切って行くと、
原っぱの花畑の一画に、菜の花が咲き始めている。
日本庭園を覗くと、まだ工事中で池には水が無い・・・すぐに出て
赤いポストのある「子どもの森」の入り口からの坂道を
「こもれびの里」を目指して歩く・・・。


・「こもれびの里」では遊歩道の紅梅・白梅が見頃だ。
農具小屋の近くのテーブルで、持参の水筒から水分補給の休憩。
畑に植えられたネギが立派に育っている。


・1月には咲き始めてたばかりだった「セツブンソウ」は
一面に咲いて、そろそろ終わりを迎え得つつある。
赤い木瓜、クロッカスが一輪咲いているのを見つけてパチリ。


・「こもれびの池」の周りにも、数種類の梅の木がある。
5枚の花弁と濃い色の紅梅と、桃のような花が気になり撮っていると
近くの枝に小鳥が来た・・・モズかな?


・「砂川口」ゲート近くに、大きな枝垂の梅の様な木が見える。
近くまで行くと満開だ、プレートを見ると、呉服枝垂(クレハシダレ)とある。


・「砂川口」までくると、公園内を端から端まで歩いた感がある。
柔らかなピンクの山茶花や、赤い椿を見かけては撮りながら、
再び「立川口」のゲートを目指して引き返す。


・帰路の南武線では、空席のある次発電車に乗り
座るとき「ドッコイショ」と声が出てしまった。
帰宅して万歩計を見ると「22,183」を表示していた。


Btn-up.png

Btn-return01.png